電話を掛けている女性

保険会社とは

いろいろな書類

高齢化社会の到来で生命保険の役割も高度成長期における死亡保障から医療やがんなど様々な生存リスクに対応したものへと広がりを見せています。
それだけに適切な商品を選択することが年々難しくなってきているのです。
こうしたことから、専門家に相談をしてベストなチョイスをアドバイスしてもらう消費者が増えてきているのです。
こうした顧客からの要望にこたえてくれるのがファイナンシャルアドバイザーという職種です。
通称FPと呼ばれる人達は国内の生保各社の商品に精通しており、顧客の条件によってその中からベストな組み合わせを提案してくれるのが特徴で、特定の会社の商品にこだわらない消費者志向の自由度を提供してくれることが大きなメリットとなっています。

こうした顧客の生命保険商品へのニーズが多様化する中で、人気を博しているのが保険ショップと呼ばれる店舗販売のチャネルの存在です。
こうしたお店は複数の保険会社の商品を扱っているため特定企業の商品だけに偏ることなく、顧客ニーズに合わせて異なる会社からの商品を組み合わせ提案することができるのです。
もちろんネットでもこうした選択をして購入は可能ですが、プロのファイナンシャルプランナーの意見を聞いて加入できるところが大きな人気の秘密となっているのです。
したがって特定の企業の生保レディから購入するのではなく、こうした店舗チャネルで相談による専門サービスを受けて加入する顧客が増加しつつあるのです。
これも顧客ニーズの多様化のひとつの表れといえます。