電話を掛けている女性

訪問

コールセンターの女子

日本は先進国のなかでも生保商品の加入率は極めて高い国となっています。
こうした生保商品はこれまで生保レディと呼ばれる特定企業の販売員から訪問や職域の販売で加入するのが殆どでした。
しかし最近ではネットの普及により複数の商品を比較して加入できるようになり、販売チャネルも多様化してきているのです。
その一方で商品も多様化して着ており、死亡保険をはじめとして、医療、がんといった特定分野の保険まで様々なニーズに合わせた商品が市場に登場しているのです。
こうした状況だるため自分で商品を選択することは結構難しくなっており、ファイナンシャルプランナーのいる専門サービスに相談する顧客も年々増えており、対面販売によるセールスも伸びを記録しています。

これまで生保レディによる販売一辺倒であった保険ビジネスもネットで複数の会社の商品を比較、検討して入れるようになり、選択肢が増えるようになっています。
ただ、保険に対する高い知見をもっている消費者は自分の判断で適切な商品を選択できますが、かならずしもそうした知見をもっていない消費者にとっては、商品選択のハードルは高くなっているのです。
こうしたことからショッピングセンターなどに隣接する保険ショップに相談する人が増えているのです。
こうした保険ショップであれば、複数の会社の商品を並行して扱っていますので、専属のファイナンシャルプランナーに相談すれば、客観的な視点で最適の商品を会社を超えて組み合わせ、提案してくれることができるのです。